SimLOG

LESS IS MORE

20200511103630
20200511023622
20200511101041
20200511102351

フケが出る原因は洗い流しが足りないのかもしれない!?

20191201001454

頭皮トラブルでよくありがちなのが、頭皮が乾燥や炎症でフケがたくさん出てしまうことです。

フケは頭皮が乾燥したり炎症をおこして皮膚が剥がれてしまい、小さくて白い形状で髪や服についたりすると目立ってしまうとても厄介なものです。

フケには乾燥してフケが浮く場合と炎症を起こして、頭皮に異常がでて皮膚トラブルのようなフケがでる場合があります。

でもそのフケ、実はシャンプーの洗い流しが足りない要因が大いにあります。

シャンプー剤が頭皮に残る

綿密にはシャンプー剤が頭皮に合わないことに原因があると思いますが、シャンプー剤が洗い流されずに頭皮に残ってしまっていると頭皮が荒れる原因になります。

市販のシャンプー剤の多くには、ラウリル硫酸ナトリウムという化学薬品を使用しているのですが、刺激が強い薬品の為にトラブルの要因になります。

ラウリル硫酸の主な性質
  • 石油系の界面活性剤が成分なので、洗浄力が高く、刺激性が強い。
  • 皮膚に敏感な人はその強い洗浄力と刺激性で頭皮に炎症を起こしてしまう。
  • 乾燥肌の人が使うと余計に乾燥させてしまいそれがフケの原因に
  • 安く安価な為、市販のシャンプーに特に用いられ、よく世に出回っている。

もし洗浄力がある刺激性の強い成分が頭皮に洗いがされないままにしていたらどうなるでしょう?

皮膚が敏感な人は食器用洗剤や服の洗剤、柔軟剤などでも過敏に反応して肌荒れを起こしてしまいます。

頭皮も皮膚の一部なので、つまりこれと同じことが起こるといえるのです。頭皮は皮膚の一部と感じることはなかなかわかりにくいですが、顔からの一枚皮なので、皮膚として考えることが重要です。

敏感肌で肌荒れが起こりやすい人は普段使う洗剤などと同じくシャンプー剤も考えて選ばなくてはなりません。

そういう理由からもシャンプー剤は洗い残しがないようにしっかりすすいでたくさん流しておくことが重要です。

シャンプー剤をしっかり洗い流す

具体的には泡がとれたなと思った流し時間を2回繰り返すイメージでしょうか。時間的には2分前後。

今まで1分くらいだったのを2分くらいにするだけでも全然違うはずです。

もう十分すすいだ→そこからもう少しプラスしてすすぐというイメージだと十分に流しきれたことになると思います。

時間は目安なので、「そんなに流してらんないよ!」という方は、とにかく多めに流すということに重点を置いてください。

シャンプー剤を変える

あとはそもそものシャンプー剤自体を刺激性のあるものから低刺激性のものに変えることが重要です

私が長く愛用しているシャンプーがこちらです↓

無添加シャンプー

無添加のシャンプーで刺激性がとにかく少ない。これをはじめて使ったときは自然な洗いあがりや刺激が低いことに感動した覚えがあります。

私も皮膚が弱く、体に使う石けんやハンドソープは無添加で刺激が弱いものでないとすぐに荒れてかゆくなり、しまいには裂けて割れたりしてしまいます。

このシャンプーを使って頭皮がピリついたことは一度もありませんし、皮膚が敏感な人ほど強く感じると思います。

ラウリル硫酸は薄毛や抜け毛の原因にも関連しているので、抜け毛が気になっている方にも特におすすめです。

将来健康な髪と頭皮でいたいと願うならば、こういった無添加の低刺激性のシャンプーに変えるのがマスト。

ミヨシせっけんシャンプー

このシャンプーも長年つかっていたシャンプーです。上記のものよりもっとサラサラタイプで水のような液体に近い感じです。

100%純せっけんシャンプーで洗いあがりが本当にサラサラでサッパリ。

髪の健康は地肌から「添加剤はいれません」のキャッチコピーが粋を感じさせます。

エコπシャンプー

髪や頭皮にもっと良いものにこだわるならばニューウェイジャパンのエコπシャンプー。

植物有機酸系洗浄剤を使用しているため生分解性が高く、髪と環境に安心なエコロジー商品。

美容室時代にお客様の傷んだ頭皮と髪にとても効果があったシャンプーでお客様と自分で使ってみて両方いいなと思った商品。

当時シャンプーの成分などあまり着目されてない時代から、独自の視点で環境にいいことを推奨している商品で、頭皮と髪の傷みに悩まれているのならば一度是非使って頂くことをオススメします。

トリートメントと一緒に使うことで、効能があがります。

まとめ

フケに悩んでいる方はすごく多いです。

フケが出ないようにするには頭皮のトラブルを解消することです。

今回の記事のまとめ
  • ラウリル硫酸入りのシャンプーは肌と頭皮を乾燥させるので乾燥タイプのフケ症は特に注意が必要。
  • 乾燥してパサパサなのを防ぐ目的でシリコンが入っています。最近はノンシリコンのシャンプーもありますが、シリコンも出来るだけ避けたいです。
  • 頭皮に炎症が起きるのはシャンプー剤が合わなくて、なおかつ流しが足りないため、頭皮にシャンプー剤が残り炎症をおこしている可能性が高い。

シャンプーのすすぎがものすごく大事です。もちろんリンストリートメントもです。絶対頭皮にはつけないように、しっかりめに流してください。

シャンプー剤は洗浄力が強くて刺激性のあるものではなく、なるべく無添加のものを。ここにご紹介したシャンプーは肌が弱い自分自らが使って大丈夫だと思ったものばかりですので、是非参考にしてみてください。